携帯卓上共用Aセット 本体は5色


卓上用長柄Aセット 携帯用Bセット

(12mm・15mm・18mm丸 共通 )
リピエース
非吸収面への捺印が不要な場合は、通常品の
「連続捺印データー・リピエース」をお選び下さい
普通紙捺印用 携帯用Bセット
内容 リピエース本体・ゴム印面
フェルト・染料系インク
既製価格品 \2,380 + 消費税
別製価格品 \3,580 + 消費税
普通紙捺印用 携帯卓上共用Aセット
内容 リピエース本体・スタンド・ゴム印面
フェルト・染料系インク
既製価格品 \2,500 + 消費税
別製価格品 \3,700 + 消費税
普通紙捺印用 卓上用長柄Aセット
内容 長柄型本体・スタンド・ゴム印面
フェルト・染料系インク
既製価格品 \2,500 + 消費税
別製価格品 \3,700 + 消費税
普通紙捺印用 部品価格
リピエース本体 \2,000 + 消費税
既製ゴム印面 \250 + 消費税
別製ゴム印面 \1,300 + 消費税
版下処理料 ロゴ、マーク等がある場合 \400 + 消費税
染料系インク 10ml 入り ¥300 + 消費税
*顔料系インク 10ml 入り ¥350 + 消費税
普通紙捺印用標準品は染料系インクを使用しています。
差額52円上がりで顔料系インクもご利用頂けます。
スペシャル リピエース
ガラス・金属・プラスチック・ビニール・アート紙用
勿論普通紙にも、クリアーな連続均一捺印ができます
非吸収面捺印用 携帯用Bセット
内容 リピエース本体・ゴム印面
フェルト・ニュー スペシャルインク
既製価格品 \2,900 + 消費税
別製価格品 \4,060 + 消費税
非吸収面捺印用 携帯卓上共用Aセット
内容 リピエース本体・スタンド・ゴム印面
フェルト・ニュー スペシャルインク
既製価格品 \3,020 + 消費税
別製価格品 \4,180 + 消費税
非吸収面捺印用 卓上用長柄Aセット
内容 長柄型本体・スタンド・ゴム印面
フェルト・ニュー スペシャルインク
既製価格品 \3,020 + 消費税
別製価格品 \4,180 + 消費税
非吸収面捺印用 部品価格
スペシャル
リピエース本体
\2,110 + 消費税
既製ゴム印面 \280 + 消費税
別製ゴム印面 \1,440 + 消費税
版下処理料 ロゴ、マーク等がある場合 \400 + 消費税
フェルト \60 + 消費税
ニュー
スペシャル インク
10ml 入り ¥450 + 消費税

日付帯びの種類・内容はこちらをご覧下さい ( 標準帯は年号分割式5連帯です )


 既製品例    ( 4号 12mm丸、 5号 15mm丸、 6号 18mm丸 共通 )

repiace_kisei_640w.jpg(36889 byte)
全ての日本姓と下記の12種類が既製価格品です ( 税込み \3,045 )
上段 FAX 処理 TEL 入力
下段  
指定なき場合の「姓」レイアウト
1文字姓 2文字姓 3文字姓 4文字姓 5文字姓
下側 上下各1文字 下側 上下各2文字 下側
普通紙捺印用 スーパーインク・インク色 ( 既製品・別製品共通 )
非吸収面捺印用 ニュー スペシャルインク・インク色 ( 既製品・別製品共通 )
既製価格品でも全ての本体色をお選び頂けます
書体 ( 無指定時は 姓既製品 楷書体 / その他既製品 ゴシック体 )
明朝体 楷書体 角ゴシック体 丸ゴシック体 行書体 隷書体

 別製品例    別製品では欧文書体の指定もお請けします

repiace_betusei_640w.jpg(36169 byte)


 ニュー スペシャル インクの特徴 

速乾性・溶剤型・油性染料系インクで耐水性・耐熱性・耐磨耗性を有しています。捺印は普通のスタンプインクと同様にご利用下さい。

 非吸収面連続捺印用 ニュー スペシャル インクの用途 

プラスチック・金属・ガラス・ビニール・塗装面 インクを吸収しないもの
アート紙・コート紙・光沢紙・写真・皮革 インクを吸収しにくいもの
ダンボール・上質紙
  (普通紙に捺印した場合には即時乾燥いたします。)
インクをよく吸収するもの

スタンプ台で不滅スタンプ、万能スタンプと呼ばれるタイプのインクを使用しています。

 捺印の消去方法 

非吸収面からはアルコールやインク用溶剤を布等に含ませ拭き取ってください。


 日付の変更方法 


本体カバーを上に止まるまで引き上げます(上図)、日付帯が回転可能になりますので、日付変更歯車を回し日付を合せ、本体カバーを閉じます。

この時日付駒が正しく並んでいないと、器具との隙間に挟まりゴム帯活字が痛みますのでご注意下さい。

 日付印面の高低調整方法    出荷時に調整済みの為、通常この操作は必要ありません。
  • 本体カバーのマークのある面(A)とその反対側の面の下端(B)を指で強く抑え、本体カバーを完全に引き抜きます。
  • 次に緑色のグリップを少し緩めた後(堅い場合は日付調整板を少し緩めてください)、高低調整板を回します、左に回すと印面に対し日付の出が高くなり、右に回すと出が低くなります。
  • 高低調整が終わり、本体カバーをはめる時は、上下の二つのマークのある面を合わせ、外す時と同様(A)(B)位置を押えながら差し入れてください。
 インクの補充方法 

インクボトルの注入口をパットの表面に軽く押し当て、円を描くようパット全面に染み込ませてください。 この際インクの入れ過ぎにご注意ください。またインクの付いていない日付の部分に、 インクを早く馴染ませるには、インキマットのその位置に極く少量のインクを先に塗布してからご使用ください。